ホテルセトレ神戸・舞子ー初めて泊まったリゾートホテル

2020年10月10日

こんにちは。本日は久々に体験談、masukoが初めて泊まったリゾートホテル、「ホテルセトレ神戸・舞子」について書きたいと思います。初めてのリゾートホテルは「星のや京都」ではないのか⁉と思われるかもしれませんが(よろしければ 2012年夏の思い出、星のや京都 もご覧ください)、あちらはどちらかと言うと旅館、というよりもう確固たる「星のや」ですのでまた別枠です。ちなみに本日親知らずを抜き、痛みと戦いながら書いております。いや知らんがな、という話かとは思いますが😅

セトレは現在5ヶ所、兵庫・姫路の山中にある「ハイランドヴィラ姫路」、滋賀の琵琶湖畔にある「マリーナびわ湖」、長崎の「グラバーズハウス長崎」、奈良の「ならまち」、そして今回書く「神戸・舞子」を展開。このうちmasukoは姫路とびわ湖にも宿泊しています。「ホテルセトレ神戸・舞子」は開業されてから徐々に評判が上がり様々な媒体で紹介され、関西のリゾートホテルといえば「セトレ」!だったと思います。ですからmasukoもいつかは泊まりたいと思い、ようやく泊まれたのがこれまた2012年。お気づきでしょうか、masukoのホテル巡りは2012年からなのです。

ちなみに予約は「一休.com」から。masuko、だいぶお世話になっております。「一休.com」ユーザーになったのもこの頃からだったはず。一時期だいぶホテル巡りをしてポイントが貯まったし会員ステージも上がって特典の恩恵を受けたなあ。



ここの一番の売りは何といっても目の前が海!そして明石海峡!普段は見る事が出来ない景色ですので非日常を味わう事が出来ました。

また映えてない写真です、、本当に良い景色なんです!

朝食。思えばmasukoが初めてホテルでちゃんとした朝食、しかもルームサービスをとったのはここが初めてだったと思います。当時のSNSを見ると「多い」と書いてましたが、今見ればそうでもないかな?ちなみに他の方のブログを見ると現在はもっと多いようです。おひとり様だったのでこの量だったのかもしれません。当時の私には十分な量でしたので良かったです。

その他にもライブラリーラウンジがあり満喫したはずなのですが、何故か写真がありません。。あと、入浴剤が3種類あったので有難く満喫させて頂きました。

2005年オープンですのでそろそろ老朽化、新しいホテルに見劣りが出てくるかもしれませんが、関西にもリゾートホテルは出来るんですよ!と一躍台頭したこのホテルの功績は大きいと思います。いわゆるドメスティックホテルですが外資に負けず劣らず、宿泊客が何を求めているかを把握、提供されていらっしゃると思います。機会があればまた行きたいな。行けていないところも「ならまち」は何とか行きたいなあと思っております。

ホテル

Posted by masuko