masukoのこだわり:ホテル客室の消臭方法

2020年9月22日

こんにちは。本日も「masukoのこだわり」シリーズを書こうと思います。

タイトルの通り、客室の消臭方法について。以前のブログ masukoのこだわり:ホテル客室の紙類は綺麗なものを。 でも書きましたが、客室清掃で悩ませられる事の1つに「部屋のニオイ」があります。香水、タバコ、食べ物臭、、チェックアウト後には様々なニオイが残っております。ハウスキーピングは清掃だけをすれば良い訳ではなく、前のゲストの痕跡を一切なくさなくてはなりません。チェックインをして不快なニオイがあれば耐えられないですよね?窓を開けられるところであれば換気で大体ニオイは取れるのですが、取れない場合、これはアウト部屋に一番最初に入った人が気付かないといけないのですが、到底取れそうにない場合は、大方「オゾン発生器」を使ってニオイを取ります。

「オゾン発生器」とはその名の通り、オゾンを発生させる機械です。

オゾンとは、地球を取り巻く大気中のオゾン層に多く存在する気体で、大気中にあるオゾンは有害な紫外線を吸収して生命を保護する役割を果たしています。
また、日常的に吸っている空気中にもオゾンは微量に存在し、大気を浄化する性質があるといわれています。

ALSOK

また、どうしてオゾンに消臭効果があるかと言うと、

酸素の化学式はO2、オゾンはO3です。つまり、オゾンの分子は酸素原子3つからできており、酸素の同素体であることが分かります。

オゾン分子を形成する3つの酸素原子=O3は、酸素(O2)と比較するとかなり不安定であるという特性を持っています。そのため、オゾンは菌やにおいの物質が近くにあると、酸素原子3つのうち1つを分離させて酸素(O2)になろうとします。一方、菌やにおいの物質はオゾンの酸素原子と融合することにより酸化させられ、破壊されます。残った2つの酸素原子はO2=酸素となりますので、最終的に除菌・脱臭が行われた後の残留物質は酸素のみとなります。使用後は酸素だけが残りますので、きわめて安全性が高いといわれています。

ALSOK

ちょっと難しいですがなるほど、ですよね。除菌効果もある為まさに今、大活躍している機械です。ですがお高いのです、、そして見た目とは裏腹に重いのです、、(見た目は片手で持てるようなサイズが主流)。

換気だけでニオイが取れそうにない場合は、絶対にこれを使います。ですが付いているニオイによっては、

香水

壁にニオイが染みついてしまっているので、水拭き+乾拭きをした方が良いです。第3修行場の上司はこれだけを推奨していましたが、私はこれプラス、オゾンのコンボでいきます。これでもダメな場合、フロントに伝えてなるべく売り止めして一日中換気、稼働上それが出来なければ、到着の際に香水の香りが強いゲストに入って頂きます、、致し方が無い手段なのです。

タバコ

禁煙ルームでタバコを吸われたらもう、ゲストであっても腹立たしさしかありません。何で次のゲストの事を考えないんでしょう。ハウスキーピングでしょっちゅう食らう問題です。まず、出来るだけ売り止めにしたいところです。タバコ臭は換気が一番ベスト。それでもニオイが残っていたり、どうしてもその部屋を売らざるを得ない場合は清掃前に先にオゾンまわします。

ここでmasukoのこだわり。オゾンには化学薬品的なニオイがします。ネットで調べたところ生臭い、と書かれてましたが生臭くはないかな?これを中和する為に、あくまでmasukoのやり方ですよ?消臭スプレーを程よく振り撒きます。恐らくこのハウスキーピング業界で一番メジャーなのは「国際興業」さんの「清水香」です。「国際興業」さんはバス事業等をされている会社なのですが、ホテルに特化したアメニティの開発・販売もされていらっしゃり、masukoの今までの職場でもお世話になっていました。ですのでこちらから仕入れやすいという事と、この「清水香」、ふんわりとした香りなんですけどほぼ無臭で、にも拘らず消臭効果が高いので使いやすいんですよね。これをmasukoは「オゾンと清水香のコンボ」と言っていました。部屋に残った食べ物のニオイもこれと同様の手段を取ります。これで完全な無臭にはなりませんが、いわゆる「ホテルの香り」に近づけると思います。

オゾン発生器を使った後は消臭剤の使用は必須かなあ。特に入り口付近は最後にバババっと振っていました。ゲストが入ってすぐの香りが大事ですからね、、「清水香」、オススメですが仕入れなくてはいけないので、急に在庫が切れた時はドラッグストアで他の消臭スプレーを購入していました。とにかく、何とかしなくてはいけないからです。

次のゲストの事を考えて頂けたら、、

宿泊ゲストにお願いしたい事。清掃は勿論私たちがします。ですが、次のゲストの事を考えて頂きたいです。香水、ご自身はその香りが好きでも、他人にとっては不快かもしれません。客室内で大量に振るのはお控え頂きたいです。取れないんです。タバコ、禁煙ルームでは本当に止めて下さい。状態によっては絶対に売れないんです。「禁煙ルーム」なのにタバコの臭いがしているからです。ホテルによってはチェックイン時に用意されるレジストレーションカード、禁煙ルームでタバコを吸われた場合罰金を払って頂きます、という文言が入っているところがあるんですよね。全宿で導入した方が良いと思っています。

また、清掃しますとは言っていますが、モラルがあればある程度片付けて頂けるかと思うんですよね、、何故ゴミを部屋中に散乱させるんだ、、ゲストであっても、思いやりって要るんじゃないかな、とゲスト側にもなるからこそ思います。

小言で終わってしましましたが以上、masukoのこだわり消臭編でした。



ホテル

Posted by masuko