masukoのこだわり:ホテル客室の紙類は綺麗なものを。

2020年9月22日

本日は久々に「masukoのこだわり」シリーズでいこうと思います。

タイトルの「紙類は綺麗なものを」、当たり前ではないか、と思いますよね。ですが皆さん、客室でシワシワのホテル案内や便箋、一時的なお知らせの紙を見た事がありませんか?客室清掃に携わっていらっしゃる方なら、「VIPの部屋は新品で、それ以外は落書きがなければそのままで」と言われた事があるのではないでしょうか。

ここまではいかなくても、シワシワの紙、見た事ありますよね?

そうなんです、コストセービングの為にシワシワでもそのままにしている事が多いのです。これについては、ビジネスホテルの方が案内をパウチにしたり、便箋を入れてないので、それで良いのではないかと思うのですが、外資系なんかは特にブランドスタンダードというホテルの決まり事(世界各地全てのホテルで統一する為に)が多く、このブランドスタンダードによって入れている事が多いかと思います。そもそもホテルの便箋を使われていらっしゃる方ってあまりいないと思うんですよね。よくホテルに対してのコメントを残して下さる事はありますが、それは良い事も悪い事も参考にさせて頂いてます。サンキューメッセージを残して下って頂けた時はすごく嬉しくて皆で共有させて頂いたり、個々のモチベーションになっているので有難く思います。

客室清掃とはただ清掃する訳ではなく、前のゲストの痕跡を一切なく事です。少し話それますが、ハウスキーピングで大変な事の一つに「消臭」があります。香水、タバコ、大量のカップラーメンのニオイ、、これを消さなくてはならないので必死に消臭します(ハウスキーピングおなじみオゾンフル活用。)更に話それますが、ですのでたまに求人広告に「家事の延長」と書かれている事がありますが家事の延長ではやってないから!れっきとした清掃のプロだから!としばしば思っています。話戻します。ニオイまで必死に取っているのに、何故多くのホテルはシワシワの紙を許すのだろう、と思います。人は客室に何か入っていたら触りたくなるもの(今は新型コロナウィルスの影響で触られない方も多くいらっしゃると思いますが)。何か記入されていなくても、それが積もり積もってシワシワになっていきますし、そのような状態の物はもはや衛生上良くないのではと思います。交換しない主な理由はコストセービングですが、環境保全も勿論あるかと思います。だからこそ便箋類はリクエストベースでお届けしたら良いのではないのかと思うのです。ホテル案内(宿泊約款含む)も、今の時代なんですから可能であればTVの画面で見れるようにしたら良いのに、と思います。それか、めちゃくちゃ良い紙、撥水性のある紙を使うとか。1つ前の職場がこれを導入していたので、この紙作った人天才か!と思いました(大手印刷会社ですけどね)。

この紙類のチェック、交換が無くなるだけでも時短になって生産性が上がるんですけどね。雑誌とかも客室には要らないわ~、ロビーに置いたりライブラリー作ってそこに置いたら良くない?と個人的には思っています。前のゲストの痕跡であるシワシワの紙、入れておきたくないものです。

ちなみにmasukoはチェックした部屋でそうなっていたら交換します。立場的に全スタッフに「必ず新品に交換して下さい」とは言えないので、自分が確認した部屋は自分の納得する状態にしています。

以上、masukoのこだわり紙編でした。



ホテル

Posted by masuko