シャングリ・ラホテル東京CHIスパ【氣の流れを促す】

2021年1月6日



こんにちは。今回はmasukoが日本一だとと思うスパについて触れていきたいと思います。

スパが大好きになったmasukoは2009年にシャングリ・ラが初めて日本に来た際、それはもう心が踊りました。スパフリークにとってシャングリ・ラといえばCHIスパ、ホテルスパといえばシャングリ・ラではないでしょうか。しかしながら初めて行けたのは2012年。それはもう、全く期待を裏切ることはありませんでした。アジア系のラグジュアリーホテルに足を踏み入れるのも初めてという事もあいまって、ホテルに入ってすぐに別世界、スパに入ればもっと別世界、トリートメントを受け終われば一つの旅行をした気分になれました。恐らくシャングリ・ラの名前の通りホテル全体で「桃源郷」を表しており、中でもスパが一番表しやすいのではないかと思います。その後、この時Spa Directorをされていた方とお話をする機会がありましたが、やはりコンセプト、1つのトリートメントでジャーニーを経験して頂く事とおっしゃってました。このコロナ禍において海外旅行に行けない状況ですが、CHIスパに行けば楽園に行けるに等しいです。

2回行った事があるのですが、そのうち1回受けたメニューは『CHIバランス』でした。中国古来のヒーリング哲学に基づいた「氣」の流れを整え、「陰陽」のそれぞれを刺激または鎮静させるテクニックを巧みに使い分け「氣」のバランスを調和させるというメニュー。もう、コンセプチュアルすぎます。それにこの「CHI」とは「氣」なんですよね。スパの名前を冠したメニュー、これは受けないとダメでしょう!中国の伝統医学は「氣の医学」と言われており、人体をまず機能の観点から見ようとします。氣の流れによって引き起こされる機能に関心が向けられ、身体は氣の流れる入れ物として考えられるそうです。ホテルも、『「氣」は中国の伝統的な哲学において心身の健康と活力を司る生命力の源と考えられ、健康を維持するためには「氣」がスムーズに体内を流れることが重要とされ、その流れが滞ると不調や病気を引き起こすと考えられています。』と謳っています。この考え、masukoは好きです。そのような考えの元に作られたメニュー、カウンセリングから世界に入り込めるので先にも書いた通り、1つのジャーニーとして経験出来るのです。

施術後、masukoはロビーラウンジでマレーシア料理を頂きました。シャングリラ・ホテルの出発はシンガポールなのですが、創始者がマレーシアの方なので縁が深く、こちらのシャングリ・ラホテル東京ではマレーシア料理を頂けます。行ったのがもう8年前なので今とはメニューが違うと思いますが、この時頂いたのが「マレーシアンBento」というものでした。お料理も勿論美味しかったのですが、アイスティーは今まで飲んだ中で一番美味しかったのです。

masuko、去年までこちらで総料理長をされていた方と仕事で知り合いました。今は京都にいらっしゃり、御幸町蛸薬師の交差点のところで先月レストランを開店されました。「Stars’n Cacio」というお店です。朝食、ランチ、ディナー全て行きましたが、クォリティは勿論5スターなのに、ホテルの価格よりはお得です。この日はエッグベネディクトを頂きました。はい、間違いのない美味しさ。この日はオマケに出来たてのヨーグルトをくださいました。

masukoも今までのホテルで様々な「総料理長」を見てきましたが、この方は面白いです(ちなみにイタリアの方)。私からすれば上の役職の方すぎて畏まるものなのですが、なんかアーティスト気質でくだけているんですよね。実際、ご自身が描かれた絵も飾っていらっしゃいます。ウォールアートは「USUGROW」さんという方です。ジャンルを超えたバンド、ミュージシャンのCD、レコードカヴァーデザイン、アートディレクション、マーチャンダイズを数多く手がける他、スケートボードブランド、ファッションブランド等のコラボレーションも多く手がけられているそうです。数年前こちらのオーナーから猛アタックの末知り合ったらしいです。このお店についてはまたの機会に書きたいと思います。しかしながら気になられた方は是非行ってみて下さい!

CHIスパから話がそれてしまいましたが、東京、素敵なスパが多くて羨ましいです。しかしながら2022年!?京都にシャングリ・ラが来ます!という事はCHIスパも来るという事!同じ年にバンヤンツリー、その後!?シックスセンシズも来ます。先のブログと矛盾するかもしれませんが ( コロナ禍で消えた素晴らしいスパ、ROYAL OAK HOTEL ) ことさらスパに関してはその場所でしか提供できないものだと思うので、関西のスパフリークとしてはこの京都での3ホテルの開業は楽しみです。

1/6追記:『シャングリ・ラ』、京都の話無くなったかもです。ソースは別の方経由です。ザ・業界話。

スパはこの写真しかなかった、、当時のガラケーではこの画像が限界だった模様。

ホテル

Posted by masuko