高校卒業後

2020年9月12日

今回は、masukoが高校卒業後からホテリエになった経緯を書いていこうかと思います。

高校時代、様々な音楽を聴くようになりました。友達に誘われたライブを含めるとこの頃から行くようになり、「将来はライブに関わる仕事がしたい!」と思い、親の反対を押し切って(うちの親は当然の如く良い大学に行くと思っていた)、音楽の専門学校へ行きました。音響の勉強をする為です。

そこで現実を知ります。食べていくのは一握りではないのか。そもそも、勉強していて楽しくない。

masukoは1年で中退しました。決断は割と秒でした。お父さんお母さんごめんなさい。

辞めてどうするか。とりあえずコンサートスタッフのバイトをしました。主にチケットのもぎり。でも給料は当時700円とか?交通費も出ないしこれは違う、とこれも秒で辞める事を決断する。

次にどうするか。調べる事が得意なmasukoはイベンターがよく使うホテルで働く事にしました。この事だってライブに携わる事なのではないかと思った若かりしmasuko!まあ、あながち間違ってはいないと今でも思います。で、これが最初に働いたホテルなのです。

部署は客室管理でした。今となってはmasukoの専門分野、妙な縁を感じます。といっても清掃は協力会社がやって下さってて、仕事内容はリネンの発注、ミニバー(客室冷蔵庫に入っているドリンク類)の補充、忘れ物の処理でした。客室数が多かったのでこれだけでも一日が終わってました。

しかしながら。何故か東京に行きたいと思うようになり。当時の田舎者あるあるではないでしょうか。3ヶ月で辞めました。色々準備して上京。しかしまたもや秒で心が折れ2ヶ月(本当に秒😅)で戻ってくる。そしてようやく!2年は努めた職場に出会う。続きは次のブログで、、(急に高速な終わり方)



ホテル

Posted by masuko